育毛剤に関する情報をしっかり得て、正しい発毛促進を心がけましょう。

2009年05月24日

育毛と生活習慣

育毛といえば、まずすぐに育毛剤に手を出しがちです。
薄毛患者の中で回復困難な強い遺伝による割合は約4%です。
これに当てはまらない限り、日々の生活習慣を改善することで
育毛の改善効果もジワリジワリと増して行きます。

なかなか成果が見えにくい育毛ですが、根気よく続けましょう。


bullet025.gifお酒
適量のお酒は血行を促進しストレスの解消にもなり、むしろ育毛
にもいい影響を与えます。
だからと言って油断は禁物です。ある一定量(日本酒なら1合、
ビールなら1本相当)を超えると、お酒を分解するために多くの
ビタミン、ミネラル、アミノ酸が消費されます。その分、育毛
のために必要な栄養が不足します。度が過ぎると思われる方は
少しづつでも量を減らすようにしましょう。


bullet025.gif煙草
喫煙はニコチンにより血管の収縮が起こり、血行促進が必要な
育毛にとってはマイナス要因となります。折角の育毛剤による
毛細血管拡張作用も台無しです。
そのうえ”喫煙によるビタミンCやミネラルの大量破壊”という、
育毛には欠かせない栄養素を消滅させます。

禁煙は必須条件とは言え、そのためにストレスをため込んでは
何にもなりません。
喫煙者はより多くのビタミンやミネラルの摂取に努めましょう。


bullet025.gif睡眠
言うに及ばず、髪は寝ているときに育ちます。
新陳代謝のもっとも活発な時間は午後10時〜午前2時の間です。
この時間帯に起きていると言うことは新しく細胞が再生されない
ことになります。当然、髪の成長が阻害されます。
出来るだけ早寝早起きに努め、十分な睡眠時間を確保することは
非常に大切です。


bullet025.gif運動
適度な運動は血行を促進し新陳代謝を高めます。
連れて頭皮の血行も促され、加えてストレスの緊張緩和にも有効
育毛効果が期待できます。
具体的には、リラックスした状態での全身運動、ウォーキングや
水泳、自転車などがお薦めです。

実は私、省エネ、エコをかねて、車通勤から自転車通勤に切り換
えました。リラックスした片道1時間ほどの行程、ストレス解消
役立っています。

ただし、運動によって消費されたビタミンやミネラルを補うこと
を忘れないようにしましょう。育毛のため、運動の後だけでなく、
日ごろからサプリメントなどを摂取することもお薦めです。
【関連する記事】
posted by 育毛ナビゲーター at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 薄毛要因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。