育毛剤に関する情報をしっかり得て、正しい発毛促進を心がけましょう。

2009年07月13日

育毛剤の効果と選び方

育毛剤は、目的別に見て、主に以下の4点に分けられます。

@男性ホルモンを抑制するタイプ
A頭皮の血行を良くするタイプ
B頭皮や毛根に栄養を与えるタイプ
C頭皮の皮脂を抑制するタイプ

上記のように、自分の症状に合った効果を考えて育毛剤を
選ぶようにしましょう。

@男性ホルモンを抑制するタイプ

男性に多いとされる男性型脱毛症(AGA)。

髪の素である毛母細胞を阻害する男性ホルモン5αリダクターゼ
を抑制することで脱毛を防ぐ事により育毛を促します。

代表的なものは、医薬品である飲む育毛剤プロペシア
育毛サプリメント5α-Rです。


A頭皮の血行を良くするタイプ

頭皮の毛細血管を拡張し血流量を増やす事で、毛母細胞への
栄養補給を多くします。

その結果、育毛が促進されます。育毛剤の多くがこのタイプです。

また、喫煙は血管を縮小し、血行を阻害しますので、禁煙に努め
ましょう。

代表的なものは、血管拡張作用のあるミノキシジルを含有した
ロゲインリアップです。


B頭皮や毛根に栄養を与えるタイプ

栄養不足により毛母細胞に十分な栄養が回らなくなると、十分な
発毛が望めなくなります。

そこで、ビタミンなどの栄養分を補給することで、直接毛母細胞
に働きかけ活性化します。

代表的なものは、アランテ2薬用凌駕や育毛サプリメントイースト
です。


C頭皮の皮脂を抑制するタイプ

もともと頭皮を保護するために必要な分泌物である皮脂ですが、
何らかの理由によって皮脂が必要以上に分泌されると、余った分
は皮脂汚れとなり、毛穴に詰まってしまいます。

これを抑制することで、脱毛を防ぎ育毛を促します。

代表的なものは、育毛シャンプースカルプDです。
posted by 育毛ナビゲーター at 00:23| Comment(62) | TrackBack(4) | 育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月16日

育毛剤の効果

発毛促進の育毛剤に使われる成分には
メーカーによっていろいろな種類があります。
その成分によって育毛効果の現れ方が決まります。

育毛剤に配合される代表的な成分を紹介します。


血行促進
塩化カルプロニウム、ミノキシジル、セファランチン、
センブリエキス、ビタミンE、ニンジンエキス、
ニコチン酸ベンジル、苦参(クジン)エキス

毛母細胞活性化
チクセツニンジン、ビチオン(ビタミンH)、
ペンタデカン酸グリセリド

頭皮殺菌
ヒノキオール、イソプロピルフェノール、オクトピロックス

脂質除去
カシュウ、イオウ、ビタミンB6

頭皮の炎症を抑える
グリチルリチン酸ジカリウム、β−グリチルレチン酸

栄養補給
アセチルメチオニン、イノシトール、
L−セリン、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)

保湿
キトフィルマー、ピロリドンカルボン酸ナトリウム、
アルテア抽出液、アロエ抽出液、イチョウエキス、
オトギリソウエキス、海藻エキス、
キナエキス、ゼニアオイエキス


育毛剤成分の作用は
次の5つに分けることができます。

・脱毛原因の男性ホルモンの働きの抑制

・頭皮の血液循環の改善

・髪が生成器官の毛母細胞の活性化

・傷んだ頭皮の改善

・体内の発毛環境の整備

育毛剤は、
これらのどれかの役割を主にしているか、いくつかを組み合わせることによって
それぞれの育毛剤の商品の特徴を持たせています。

posted by 育毛ナビゲーター at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月15日

育毛剤の分類

育毛
目的とする商品を分類すると次の4つに分けられます。

・育毛剤(医薬品)
・育毛剤(医薬部外品)
・育毛サプリメント
・育毛シャンプー

医薬品の育毛剤は、
強力に毛根に働きかけて、髪を生やそうとするものです。

医薬品とは、
配合されている有効成分の効果が認められている薬のことをいいます。

フィナステリド(プロペシア)、
ミノキシジル(ロゲイン・リアップ)、
カロヤン
が医薬品の育毛剤です。


医薬部外品は、
医薬品に比べて育毛の作用が緩やかなものです。
頭皮の環境を整えて髪が生えやすい状態にするものです。

医薬部外品とは、
効果が認められている成分を含んでいるが、必ずしも効果を得られるものではなく、
効果が期待できるという位置づけになります。

育毛剤の多くが医薬部外品です。

プロペシア(フィナステリド)
リアップ(ミノキシジル)などの
医薬品の育毛剤には、
効果・効能として「発毛」と表示されています。

一方
医薬部外品の育毛剤には
「発毛促進」と表示されています。

育毛剤への発毛の直接的効果の表示は
医薬品にだけ認められています。


育毛サプリメントは、
身体の機能を十分に発揮させて、
発毛を促進するという性格があります。

最近では、育毛サプリメントに注目が集まっています。
体内の発毛環境を整えることを目的としていて、
唐辛子と大豆の育毛サプリメントが注目されています。


育毛シャンプー
頭皮の改善に目的を絞っています。
健康な頭皮に健康な髪が育ちます。
間違ったヘアケアや粗悪なシャンプーで傷んだ頭皮を改善するのが
育毛シャンプーです。

posted by 育毛ナビゲーター at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。