育毛剤に関する情報をしっかり得て、正しい発毛促進を心がけましょう。

2009年06月14日

<白髪>の仕組み解明

老化によって白髪になる仕組みを、日本の学者グループが突き止め
ました。

加齢に伴って、色素を作る細胞の元になる毛根部の「色素幹細胞
が、遺伝子の損傷を修復出来ずに枯渇してしまうのが原因である事
をマウスの実験で突き止め、米医学誌に発表しました。

※幹細胞とは
ある細胞に変化するように指示を受けると特定の細胞に変身(分化)
する能力と 自分と同じ細胞を複製、再生する能力を備えた細胞。
話題のES細胞(胚性幹細胞)はそのひとつです。


年をとると、幹細胞が減って白髪になるのですが、なぜ減ってなく
なってしまうのかは不明でした。

色素幹細胞毛根と皮膚との間にあり、自己複製を繰り返しながら
色素になる細胞を供給しています。

マウスに放射線を当てて、遺伝子を損傷するようなストレスを与え
たところ、幹細胞は自己複製機能を失い、すべてが色素の細胞に
分化した結果、色素の細胞のもとになる幹細胞がなくなるため、
白髪化が進むことが分かりました。

グループは、「白髪の原因になるような幹細胞の分化は、他の老化
現象でも起きている可能性がある。若さを保つ研究の手掛かりにな
る」としています。
ラベル:白髪 毛根
posted by 育毛ナビゲーター at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | トピックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。