育毛剤に関する情報をしっかり得て、正しい発毛促進を心がけましょう。

2009年05月15日

育毛剤の分類

育毛
目的とする商品を分類すると次の4つに分けられます。

・育毛剤(医薬品)
・育毛剤(医薬部外品)
・育毛サプリメント
・育毛シャンプー

医薬品の育毛剤は、
強力に毛根に働きかけて、髪を生やそうとするものです。

医薬品とは、
配合されている有効成分の効果が認められている薬のことをいいます。

フィナステリド(プロペシア)、
ミノキシジル(ロゲイン・リアップ)、
カロヤン
が医薬品の育毛剤です。


医薬部外品は、
医薬品に比べて育毛の作用が緩やかなものです。
頭皮の環境を整えて髪が生えやすい状態にするものです。

医薬部外品とは、
効果が認められている成分を含んでいるが、必ずしも効果を得られるものではなく、
効果が期待できるという位置づけになります。

育毛剤の多くが医薬部外品です。

プロペシア(フィナステリド)
リアップ(ミノキシジル)などの
医薬品の育毛剤には、
効果・効能として「発毛」と表示されています。

一方
医薬部外品の育毛剤には
「発毛促進」と表示されています。

育毛剤への発毛の直接的効果の表示は
医薬品にだけ認められています。


育毛サプリメントは、
身体の機能を十分に発揮させて、
発毛を促進するという性格があります。

最近では、育毛サプリメントに注目が集まっています。
体内の発毛環境を整えることを目的としていて、
唐辛子と大豆の育毛サプリメントが注目されています。


育毛シャンプー
頭皮の改善に目的を絞っています。
健康な頭皮に健康な髪が育ちます。
間違ったヘアケアや粗悪なシャンプーで傷んだ頭皮を改善するのが
育毛シャンプーです。

posted by 育毛ナビゲーター at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛剤 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。